2017年10月2日月曜日

Final Cut Pro 7が使えなくなる

Appleの次期OSであるHigh Sierra 10.13 では使えなくなることをここでも書いた

https://yey-shonan.blogspot.jp/2017/09/apple-os-1013-high-sierra-fcp7.html

しかし、私はFCP-XのUIが好きになれない。

実は私は、Windows時代に動画編集をしていたころ、Adobe Premiere派だったんです。
何故、FCPになったかと言うと、私のWindowsマシンが非力だったからです。
Pen4 2.53GHzのシングルコアで4GBしか搭載できない・・・ (´Д`)ハァ…

そこにはHDDの容量も小さく(幾つも増設してはいますが)、やはりOSその物が重たくなりすぎたのが原因で当時、FCP5辺りからApple環境を使い出すようになった。
その前まではAdobe Premiere Limitedから6へアップグレード(実はLimitedから6へアップグレードしたほうが安かった)のと、その後、30万円近くしてPremiere Proシリーズを購入。

そこでかなりDVDを作ったりしてました。
しかし、MPEG2への変換に時間がかかり、もうガマンができなくなったので作業環境をAppleに移動。iMoviesを試したが、あまりにもおママゴト程度のことしかできず(多少ビデオは作りましたが)、DVDのオーサリングで苦労したので、それならFCS (Final Cut Studio) を導入。

去年HDDが故障し、データはバックアップ取ってあったので復旧したが(幾度もOSをバージョンアップを繰り返しながら)やはりマックも例外ではなくOSが立ち上がるのに10分近く掛かるようになってとうとうクリーンインストールをすることにしました。

結局、現在のOS 10.12になり、気づいたら Motion とCompressorが使えない。L(゚□゚)」オーマイガ!

Adobe Creative Cloudのライセンスは買っているので、確認したらDVDを作れる Encore がない!
After Effectはあるが、DVDが作れんがな!!!
って調べている間にAdobeはネットで配布してねって時代になったのでEncoreの開発をやめたようだった。たぶん、Blu-rayとHD-DVDのバトルの問題もあったからだろうなと。

そこで、あとわずかの命?だがFCP7を使い倒そうと(実際アップグレードしなければいいのだが)考えて、昨日から徐々に環境スイッチを試みることにした。

まず、Compressorの代わりになるものは、Adobe Media Encoder CC 2017がある。
これで今回、猫のカイくんのMPEG4データを変換してみた。
Composerよりも早く変換できるのが判明。しかし、Composerのほうが使いやすい。

次にMotionsの代理と言うよりもほぼプラグインも同じものが使えるAfter Effectsは定番。
これは昔から利用していたから原理はわかるが、UIが7.0時代から変わってしまい戸惑う。
Premiere Proは問題外だわと思った。

取り敢えず、今回はHTC10で撮影したMPEG4データ (1920x1080) をMedia Encoderで1280x760に変換しオプティマイズ、そしてFCP7に読み込んで繋いでみた。
しかしFCP7はMPEG4データをNativeとして扱えないので毎回レンダリングが必要となる。
iMoviesの最新版ではNativeで読み込める。

BGMはApple Loop音源で過去に作ったものを利用した。
実は、これはインドネシアのどっかのクソヤロウが著作権違反だと言って、私を訴えたのだが、Googleに証拠を突き出して、こいつこそ偽野郎だろうと反論した。
これは一つの例である:


本当に胸糞悪い野郎だった。
たぶん、それで儲けている糞野郎だと思う。

取り敢えず、MPEG4とFCP7ではちょっとハードルが高いのでここを参照して欲しい

https://yey-shonan.blogspot.jp/search?q=MPEG4

今回は、そのワークフローを確認するために色々と試してみた結果のビデオを作ってみた。

正直なところ、FCP7は終わった。

たぶん、一段落したらマックでの動画編集をやめてWinでPremiere Proで先祖返りするだろう。
その前に私が新しいマシンをゲットする必要がある。



Leikonaの大家さんのところの猫のカイくん




2017年9月20日水曜日

iOS11が公開されたが32ビットアプリは?

さぁ、みなさん、iPhone用のiOS11の新しいOSが来た。




はい、急いでアップグレードしろ〜〜〜!

って言うのは真っ赤なウソ

待った〜〜〜〜〜!

慌てるな!


まず、「設定」→「一般」→「情報」の中の



「App」を見て互換性をチェックして欲しい!



ここでもわかるように私が利用しているアプリの一部がNGだわ。

もっと笑えるのがGoogleさんのこの「Blogger」アプリも32ビットで入っていた。


涙目になる前にチェックして!
それからアップデートするか決めて。

大好きなゲームやアプリが動かなくなる可能性が高い。

あーあーあー  
(∩゚д゚)アーアーアー



2017年9月15日金曜日

Googleさん、葬儀社への職業差別なのか?

今回が初めてではないのですが、葬儀に関するビデオ内容は必ず「適さない」ってマーク点けられる。

一つが内容でないことを理解しているんですよね。

つまりサムネなんです。

一番最初に引っかかったのが内容は葬儀のことですがこのサムネ


白黒の「鯨幕」の映像


その後、まさかだろうって思いながら、色々と試しまして、この手の動画もアウトになりました。



更に、サムネでビールらしきモノが表示されていたりするとアウトになりまた。


ってことでこちらに変更したらOKになりました



次に、これらの映像が毎回NGにされます



葬儀の内容だと確実に不適切ってレッテルを貼られます。

これが起きたのは3月にレイシストへ対するポリシーが変わってからとことんと引っかかりますね。

つまり、鯨幕やストライプのモノはとことんとサムネで引っかるようになっているみたいです。
なんか葬儀と関連されているのかな?


これは「ちびむすドリル」の日本語の慣用句を英語で説明しているライブ映像です
このライブ映像の音声を聞きやすく調整し、編集したのがこちらです

これも最初はNGにされてましたが白黒ほどではありませんでした。




ここまでくるとコミュニティ・ガイドラインに説明がないだけこちらもおかしいと思うんですよね。

あっ、この3つもアウトですね


友人の神奈川コスモス社さんのダビアスの紹介



同じく知人の中国システム機器さんのバーチャル祭壇の紹介


遺品整理業者の先駆者のキーパーズ社さんの紹介



いくども申請してもOKがでない。

よくわからんよ、Googleさん


2017年9月8日金曜日

Apple OS 10.13 High Sierra での旧FCP7は未対応

今朝、こんなメールをアップルから届いたのでご紹介します

私はFCP7を未だに使い続けている数多いユーザです。
しかし、問題は Sierra (OS10.12) にてMotionsが使えなくなった。
そろそろすべてAdobe Premiereに戻るかと思いつつあるところですが、ちょっとしたことは今のPremiere ProよりもFCPのほうが使いやすくなってしまった(逆転現象)。

更にFCP-Xは使い勝手が悪くなった(iMoviesみたいになった)ので更に使いたくなくなりずっとアップグレードしないまま今まで頑張ってきたところでしたが、とうとう終止符を打たれた。

実際 High Sierra にアップグレードしなければいいってことだろうけど。

私が主に使っているのは FCP7, Soundtrack Pro, Compressor。
Adobe Premiere Proの問題はDVDを作る機能がなくなりました。
Adobeいわく、Creative Cloud時代なので、ネットで配信しろとなったので、Encoreが付属しなくなりました。

(´Д`)ハァ…

----------
お客様各位
弊社の記録によりますと、お客様は Final Cut Studio に含まれているアプリケーションをご利用の可能性があることになっています。それらのアプリケーションと今秋リリースされる macOS High Sierra の互換性について重要な情報がありますので、ここにお知らせいたします。
以前のバージョンの Apple プロ向けビデオアプリケーション (Final Cut Studio の付属アプリケーションも含む) は、macOS High Sierra を搭載しているコンピュータでは起動しません。
新しいバージョンの Apple プロ向けビデオアプリケーション (Final Cut Pro X や Motion 5、Compressor 4) は、macOS High Sierra に対応しています。これらのアプリケーションは Mac App Store で購入することができます。
以前のバージョンの Final Cut Pro から Final Cut Pro X への移行に関する詳しい情報については、こちらをクリックしてください。
Apple のプロ向けアプリケーションと macOS High Sierra の互換性についての詳細は、このサポート記事を参照してください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
Apple                    
                                       

2017年9月5日火曜日

ルータの問題、解決できず

この前(8/31)からルータが突然止まるのであたふたしていた。

さて、内部で利用しているバッファローのルータを入れ替えた (BBR-4HG)が4台あるので。

一つは旧バージョンのV1、それと3台がV2。

さて、V1にしても止まった。
V1もV2もファームウェアは古いままでもNG、最新に更新してもNG。

こうなったら、論理的に考えると電源周りかONUのいずれかだ。

さて、ONUの灯りはピコピコしている。
ルータのWAN側は通信しているってことだ。
当初はWANポートが通信しなくなっているかと思ったが、どうもおかしい。

通信しなくなっているのはLAN側だ。

ルータを別のV2に入れ替えたがまた落ちた。
4台中3台NGが出た。

こうなるとONUに支障があるのかと思ったが、まだわからない。

次に考えられるのは、NTT側で何かパケットの変更をしてルータが落ちる?
いや、それはあくまでもWAN側だろうと。

今日も落ちたのでルータのプライベートIPアドレスを入力したらLAN側の通信が途絶えている。

そうなったら、別のルータ(BHR-4GRV2)に入れ替えてみようかと。
そして買いに行ったけどなかった。

今、利用しているのはあるが、これを入れ替えるとなると大変なことになるので諦めた。

さて、では、ナニに入れ替えたか?

同じくバッファローのWXR-2533DHP2があった。
しかし、これはWiFi APに使っていた。

もう仕方ないのでWiFiを止めた。
これを入れ替えて、内部の配線をやり直した。

本当ならアライドテレシスのAR260S V2に入れ替えようかと思ったが、WAN側が100Mbpsまでしか対応していないので、これだと4HGと変わらないのと、設定が更に複雑化しないと入れ替えることが出来なかった。(ファームウェアは最新のにしたが)。

しばらくこれで様子を見るしかない。

もし、これでダメなら、ブッファローのすべての製品の問題、またはONUになる。
すべての製品ならAR260S V2に入れ替えて問題なく動作するなら断定。
もしAR260S V2で止まったならONUだと断定。

しかし、それでも電源周りの問題は捨てきれないが、もう違うだろうな。

2017年9月1日金曜日

昨日からルータが落ちる

うちには光ファイバーが引いてある。
しかし、契約はNTTのフレッツ光だが、接続先の集約ルータがNTTじゃないですよ。
しかし、ONUはNTT、つまり足回りだけフレッツ光を利用。

今、Buffalo社のルータを使っている。

はい、これはケータイで言えば格安キャリアってことと同じだが、実際は格安ではない。

接続先がBit-drive(ソニーの業務回線用で現在はソネットの一事業部)でIPアドレスを8つもらっている。

なぜ、そんなに多いかと言うと、サーバ群を建てていたからだ。
業務によって8つあるとしたら:

0 network
1 ルータ
2 (フリー)
3 (フリー) DNSサーバ
4 (フリー) メールサーバ
5 (フリー) ウェブサーバ
6 (フリー) VPNサーバ
7 ブロードキャスト

みたいな感じで構築していた。
しかし、もう数年前から全部外部に放り出したので今ではマイクラサーバくらいしかない。
そのMinecraftも今は立ち上げていない(システムを入れ替える必要がある)のでダウンのまま。

ってことは今では固定IPアドレスを1つもらえるIP1の契約で充分ってこと。

そのルータが昨日から落ちる。
WANポートが通信しなくなる。
昨日の強風により、どこかの電信柱が倒されたのか、電柱のグレーボックスが壊されたのか疑ってしまった。

同じ種類のルータをいくつも持っているので取っ替え引っ替えしてみた。

ファームウェアのバージョンは異なるので(V1とV2などがあり)確実にファームに依存しているわけではない。

それでも落ちた。
次に疑うのはONUだ。
しかし、ONUのランプはきちんと点滅している。
以前大明(現在ミライト)が工事で光ファイバーの回線を電柱で無断で落としたこともあったが、そうでもない。この時は、大明が影響するところすべてにビラを入れなかった。
あの時は、ONUのランプが消えていたのですぐに発覚した。
そしてNTTの116に電話して怒鳴りつけたのは言うまでもない。

今回は全く違う。
突然、落ちる。
そしてChromeを立ち上げると、通常すぐ通信しログインしているとこの画像が出て来るのに現れない。

そう、このGmailのショートカットだ

ってことでDNSが通らなくなるとブラウザを開いてチェックする。

最近、夜から夜中に掛けて「今日の慣用句」のライブをしているので気が気じゃない。

さて、ONUではないのなら、やはりルータ側しか考えられない。

このBuffalo BR-4HGのルータの良いところはLANポートがIP unnumberedとして利用できるのと同時に、ルータ機能を通じて、プライベートIPアドレスを振ることも可能である。

つまり、LANポートに xxx.yyy.zzz.0/29 のグローバルIPを振っておきながら、192.168.1.1/255.255.255.0も振り、同時に利用出来る。

実は、他のBuffaloのルータはいくらそれをやっても、出来ない。
本当はこの使い方は正しい使い方ではないのだろうが、間にルータを咬ます必要がないので非常に使い勝手が便利である。

そろそろルータを別のに変える必要があるのだが(アライドテレシスのAR260S V2や560Sを持っているから入れ替えればよい)260Sはとのかく、560Sはファンノイズがうるさくて使う気にならない。

さて、本題に戻る・・・

どこが悪さをしているのか?

こうなると電源アダプタか電源タップなんだな。

以前も電源周りでHDDが落ちる現象があり、突然接続が切れることがあったのを思い出した。

まずは電源アダプタを変更。

そして接続されている電源タップも変更。

これで落ち着いてくれると嬉しいのだが・・・

英語で、希望を言うなら、指をクロスする(カギを作る)-- Cross my fingers または、木を叩く -- Knock on wood と言う。

取り敢えず、今はその状態。

2017年8月29日火曜日

Lytroが業務終了

Light Field Sensorでカメラを開発したLytro社が業務終了。

ちょっとこの前まで話題になった、全領域にピントが合う(撮影後にピント合わせをする)カメラを販売してカメラ業界を賑わせました。

LFSを利用したカメラはパナソニックからも販売されました。

私も、四角いのをLytroから買って持っています。

去年のMaker's Faire でLFSを自作する人に出会いました。

https://yey-shonan.blogspot.jp/2016/08/light-field-sensor.html





そして、このような写真が撮れます


(2017/11/30以降は表示されません)

ここが https://picture.lytro.com を閉鎖するとのことを今朝、メールが届きました。


ってことで、最近音沙汰ないな〜って思っていたらこんな状況。

残念だな〜

デスクトップアプリは動作するとのことです。

そもそも、サポートも悪い会社だった。
たぶん人がいなかったんだろうな〜って。
しかし、残念です。